アレグラ30mgと花粉症に苦しむ女性

アレグラといえば花粉症の薬です。市販薬もでていますので名前くらいは聞いたことのある人は多いと思います。市販品以外にもアレグラは処方薬としても出ています。そんなアレグラですがどれくらい種類があるのでしょう

アレグラで下痢になったら何科?

アレグラで下痢になった場合には胃腸科を受診すると原因を特定して適切な治療をすることができますが、一般的にアレルギー剤によって下痢が引き起こされることはないので、他の原因に関する検査が行われる可能性があります。アレルギーの症状で下痢が出る場合がありますが、この場合には原因となる物質を体外に排出しなければならないので、アレグラなどを投与する必要はありませんが、症状が治まらない場合には適切な薬を投与して下痢の症状を改善することになります。アレグラは従来の抗ヒスタミン薬に比べて眠気や集中力の欠如などの副作用が少なくなっているのですが、頭痛や吐き気などもごくまれに起きることがあります。プラセボによる調査などでは発現率に差が見られなかったので、眠気や吐き気、頭痛の副作用は見られないとされていますが、アレルギー剤を服用するときのストレスによってこれらの症状が引き起こされる可能性もあります。アレグラはスギ花粉症などによる鼻の諸症状に効果があるとされていて、くしゃみや鼻水を止めることができます。内服薬の場合には眠気を感じる可能性があるので、車の運転には注意が必要で、スプレータイプのアレグラを使用すると眠気などの副作用はありません。じんましんの症状にも有効性が高いとされていますが、内服薬よりも直接患部に塗るタイプのほうが即効性が高いので、アレグラを服用するのと同時に塗り薬で痒みを抑えると効果的に症状を改善することができます。アレグラは水なしで服用することができるので、高齢者や小児に対して処方されることが多いのですが、ドライシロップもあるので用途や年齢、患者の症状によって、使い分けることができます。