アレグラ30mgと花粉症に苦しむ女性

アレグラといえば花粉症の薬です。市販薬もでていますので名前くらいは聞いたことのある人は多いと思います。市販品以外にもアレグラは処方薬としても出ています。そんなアレグラですがどれくらい種類があるのでしょう

アレルギー原因物質はアレグラで完治できる?

花粉症の諸症状を抑える薬として、一般医薬品の中でも見かけることの多いアレグラは、病院からでもアレルギー性鼻炎、皮膚炎などの症状に処方されています。フェキソフェナジン塩酸塩を有効成分にして、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類され、眠気や副作用を抑えた薬となっています。アレルギー症状には、ヒスタミンと呼ばれる体内物質が関与しており、花粉症などのアレルゲンとなる異物が体内に入ると、免疫系細胞が抵抗を示して、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれている化学伝達物質を放出します。ケミカルメディエーターは体内の様々な受容体に結合すると、体内から異物を排出するためにクシャミや涙を流したり、侵入を防ぐために鼻づまりや鼻水を流すようになります。この反応は本来、細菌やウイルスを排除するために体が抵抗を示すものですが、何かしらの理由によって、人体に無害の物質でも過敏症状を起こしてアレルギーを発症させます。そこで、アレグラはヒスタミンが受容体に取り付くのを遮断し、さらにロイコトリエンなどのアレルギーに関わる化学伝達物質が放出されるのを抑制します。この結果、アレルギーによる過敏症状の緩和と、それに伴うかゆみの軽減をしますが、原因物質を取り除いたり、症状の根源的治療には至らないことがわかります。アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎、湿疹や蕁麻疹などの広い範囲の症状に効果を発揮しますが、対処療法に使用される治療薬です。根本的な治療を行うには、皮膚科などの専門医に受診し、血液検査などを通して治療方法を考えていく必要があります。また、アレルギーの完治は捉え方によって違いますが、症状を発現させない治療も不可能ではないので、まずは医師と相談してから治療に望むようにしましょう。