アレグラ30mgと花粉症に苦しむ女性

アレグラといえば花粉症の薬です。市販薬もでていますので名前くらいは聞いたことのある人は多いと思います。市販品以外にもアレグラは処方薬としても出ています。そんなアレグラですがどれくらい種類があるのでしょう

内科でアレルギー緩和にアレグラ処方?

アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を主成分に持つ抗アレルギー薬です。
アレグラが用いられるのは花粉症やアレルギー鼻炎によるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を緩和する目的や、アレルギーが原因となって起こるじんましんや湿疹、皮膚のかゆみ、アトピー性皮膚炎などの症状の改善のためです。
アレグラは薬局で市販薬として販売されているものの他に、皮膚科や耳鼻科で処方されることもあります。
また、内科を受診した時でも、アレルギーによる症状の緩和効果を期待して処方されることがあるので、多くの人に名前を知られている薬です。
アレグラの良い所は抗アレルギー薬の中でも眠気の副作用が出にくい方だとされている所で、口の渇きや排尿障害などの副作用も出にくいという利点があります。
一方で出る可能性がある副作用としては、頭痛や吐き気、腹痛、めまい、倦怠感、かゆみ、喘息の憎悪などがありますが、これらの副作用が出ることもまれだと言われています。
さて、アレルギーの治療と言えばアレルギー科を受診するイメージがありますが、近年では内科でもアレルゲン検査が出来る所がありますし、多くの内科では花粉症の患者さんにアレグラなどの抗アレルギー薬を処方していますので、アレルギー科が近くに無いという人も内科で花粉症などの治療が受けられるので便利になってきています。
アレグラにはジェネリック医薬品が出ているので、ジェネリックを扱っている病院なら薬代を先発品よりも安く出来ることがあるため、ジェネリックを希望する人は医師に相談してみると良いでしょう。
アレグラは1日に2回飲むことで効果を得られる薬となっていますが、抗アレルギー薬には1日1回飲めば良いタイプのものもあります。
生活スタイルによって、1日1回の薬の方が便利だという場合などには薬の変更について聞いてみると希望に合わせてくれる場合もあるので、医師とよく話し合って病院を活用してください。