アレグラ30mgと花粉症に苦しむ女性

アレグラといえば花粉症の薬です。市販薬もでていますので名前くらいは聞いたことのある人は多いと思います。市販品以外にもアレグラは処方薬としても出ています。そんなアレグラですがどれくらい種類があるのでしょう

寿司屋の口コミはアレグラが一番多い

寿司屋の口コミでアレグラが一番多い要因としては、鯖などの青魚を食べた時に起きるじんましんに効果的であることで、アレグラはじんましんや鼻炎、湿疹による痒みを抑えることができるので、多くの病院で処方されています。またアレルギー性鼻炎のスプレータイプの薬としてドラッグストアで販売されているので、比較的簡単に手に入れることができます。従来の抗ヒスタミン剤は眠気が強かったので車の運転や集中力や注意力を必要とする仕事ができませんでしたが、第二世代の抗ヒスタミン剤のアレグラは脳に対する作用が少ないので眠気や集中力の欠如などの副作用がありません。鯖などの青魚でアレルギー反応が出る原因は新鮮でない魚や肉に多く含まれているヒスタミン反応の原因物質で、この物質が多いとアレルギーを起こしやすくなります。この物質は食欲を抑える効果のある物質ですが、たくさん摂り過ぎてしまうとアレルギーを起こすので注意が必要で、とくに鯖やイワシなどの青魚には多く含まれているので注意が必要です。花粉症の時期に耳鼻咽喉科やアレルギー科などを受診すると花粉症になる前の段階でアレグラの投与がされますが、予防的な効果はほとんどないとされています。アレグラは安全性が高い薬なので副作用がほとんどありませんが、飲み始めてから数日間は眠気があったり、集中力が欠如することがありますが、非常に軽い症状なので3日程度でこれらの症状は出なくなります。また高齢者の場合はアレグラを長期間飲み続けることで、肝臓の負担を増やすことがあるので、定期的に肝機能などを検査して、異常がある場合にはスプレータイプに変更するなどの処置をすると花粉症などの症状を局所的に抑えることができます。